ひとりでふらり Craft beer fan

クラフトビール好きの、ひとり飲みブログ

枚方市「Beer House Hobbit」ビールの街への野望

f:id:mikyan_beer:20151014084537j:plain

mikyanのひとり飲みブログ・第11回は、大阪府・枚方市駅徒歩5分の「ビアハウス ホビット」さんです。

フルーツビール特集の日におうかがいしました

f:id:mikyan_beer:20151015021015j:plain

京阪枚方市駅の南側、駅直結の陸橋を渡ると、東方向に川原町商店街の看板が見えてきます。この道の奥に、お店があります。

f:id:mikyan_beer:20151015021607j:plain

2015年9月に6周年を迎えた、ホビットさん。樽生ビール6タップと、ボトルビールを扱っていらっしゃいます。17時の開店直後に、入店しました。

f:id:mikyan_beer:20151015022052j:plain

この日は、フルーツビール特集。今まで、飲んだことのない銘柄ばかりだったので、何をオーダーするか、迷います。

f:id:mikyan_beer:20151015022149j:plain
ビールを決めて、オーナーの長尾さんに、サービングしていただきます。

f:id:mikyan_beer:20151015022314j:plain

富山の城端(じょうはな)ビールのブラッドオレンジ。

f:id:mikyan_beer:20151015022405j:plain

すごく、鮮やかな色ですね。オレンジの香りもすごくて、飲むと、カンパリオレンジっぽさを感じました。

f:id:mikyan_beer:20151015023054j:plain

おすすめフードの、ポテトサラダ。

f:id:mikyan_beer:20151015023152j:plain

それから、サラダ仕立ての野菜ボカディージョ(スペイン風サンドウィッチ)をいただきました。

f:id:mikyan_beer:20151015022515j:plain

カウンターと、テーブル席を合わせて、20名くらいが入る店内。

カウンターは、お店のスタッフさんや、他のお客さんとも、距離が近くて、一人でふらっと入っても、すぐに打ち解けられる雰囲気があります。

f:id:mikyan_beer:20151015023420j:plain
フルーツビール特集から、3種類のテイスティングセット。

f:id:mikyan_beer:20151015023537j:plain

宮崎ひでじビールの、ゆずエール。ゆずの香り高さに、ホップの苦みも効いていて、おいしい。

f:id:mikyan_beer:20151015023604j:plain

南信州ビールの、ブルーベリーホップ。爽やかで、ほのかな酸味があります。色がすごくきれいです。

f:id:mikyan_beer:20151015023509j:plain
北海道醸造のメロンウィート。メロンの風味・甘さが、口いっぱいに広がります。

f:id:mikyan_beer:20151019081155j:plain
〔2015年6月16日撮影〕
北海道醸造の樽を、関西で目にするのは珍しいです。以前にホビットさんでいただいた、同ブルワリーのラズベリーウィートも、果汁の甘みの特徴が、よく出ていたビールでした。

普段は「フルーツビールばかりを飲む」ことが、なかなかないので、今回はいろいろ飲めて、新鮮でした。

 

ビールの多様性・楽しさを枚方の街に広める

f:id:mikyan_beer:20151015023723j:plain 

2014年の夏に初めて訪れてから、何度か、長尾さんとお話しさせていただいています。

「枚方周辺で、同じようなクラフトビールを扱う店がないといっても、それで一人勝ちじゃないんです。多様性のあるビールを楽しんでくれる、お客さんの層が増えていかないと

というニュアンスのことをおっしゃったのが、印象に残っています。

「ビール=大手のラガー」のイメージを変えて、いろんなビールがあることを知ってもらう。そして、日常的に飲みたいと思えるくらい、クラフトビールを好きになってもらう。お店として、もっと楽しんでもらえるような、コンテンツを提供し続ける。

枚方の街で、ビールを楽しむ人を増やし、もっと楽しんでもらえるようにしていくことが、ホビットさんチームのミッションなのだろうな、と感じました。

cbf.hateblo.jp

第1回でおうかがいした「ガレット」さんが、「ホビット」さんの系列の2店舗目なのですが、同じ枚方市駅周辺に作られたのも、「この街をビールでいっぱいにしたい」との思いから。

両店の樽生ビールのラインナップを、SNSで見て「枚方のお客さんは、いいビールばかり飲んでいる!」と、ときどき羨ましく思います。駅の北と南に分かれている、2店舗を、一晩で行ったり来たりするお客さんも、いらっしゃるとか。

f:id:mikyan_beer:20151015022433j:plain

ビールでいっぱいの街は、ビールを楽しむ人が多く集う街。枚方市駅の南側には、2016年春に、新しい商業施設・T-SITEという百貨店がオープン予定で、人の流れが大きく変わることが予想されます。

お店が今後、どんなことを仕掛けていかれるのか、気になりますね。

「ホビット」さん、今回は撮影させていただき、ありがとうございました。また、おうかがいした際は、いろいろお話を聞かせてください。

mikyan

Place:大阪府枚方市川原町11-10  川原町第一ビル101

*営業時間・休日の状況などは、
Facebookページで確認ください。

www.facebook.com